新着
RSS2.0
 江別混声合唱団は来る6月29・30日に開催される、札幌合唱連盟主催の第77回コーラスフェスティバルに出演いたします。江別混声は二日目の30日、会場はカナモトホールで15時過ぎに演奏します。演奏曲目は、木下牧子作曲「夢みたものは」とボブ・チルコット編曲による「おぼろ月夜」の2曲です。普段は江別市内で活動している私達ですが、コーラスフェスティバルにはレベルが高く年代も若い合唱団が多数出演するので、それらを聴くことは大いに刺激になります。  合唱が好きで、時間に余裕のある方は是非ご来場くださるようお願いいたします。  写真は、昨年の単独演奏会の模様です。              
『NAORAI~直会~』 あの柴田智之(札幌を拠点として活動する俳優/画家/パフォーマー)が、岩手県野田村の郷土芸能団体との交流の祭りで、出会い『大黒舞の会』のお母さん達と交わした「いつかあんたの所にいって一緒に踊ってみたいね」が、実現。 『野幌代々神楽保存会』の皆様と馬頭琴の嵯峨晴彦さんをお招きして、どもで直会 どうぞお楽しみください。
第46回江別こどもまつり うるうる亭も楽しいお話会をしますよー。 ・ヒラメの話し    川守田阿津子 ・なぞなぞパン屋さん 斉藤麻記 ・こねこのしろちゃん 遠藤彰子            福井かおる
「ども盆興行」チラシデザインのOKが出たので、皆さんには一足早く公開! 先程印刷屋さんに入稿しました 7000部を表面だけ印刷して、裏面は自分たちで、案内や進捗…そして最終的には出演者さんたちのプログラムを印刷します。 第一弾はこちら  
こんにちは。蔦の葉が青々と茂り始めた、どもです。 先日の会議のことをSNSに挙げてくれた劇団員の投稿をお知らせ(シェア)します。 さてさて、昨夜は劇団の集まりがありました。先日の道演集(北海道演劇集団)の総会での内容や、来月開催される苫小牧での演劇学校についてや、江別市文化協会でのお話。全リ演(全国リアリズム演劇会議)の報告などをしました。何も公演などが無いときは、月に1度は集まって報告しあおう❗と、集まりが行われております(*^^*)色んなイベントはちょこちょことありますが、どもが主催となるイベントは8月に行われるども盆興行があります。今日は、その第一回実行委員会の開催日です‼️久しぶりの興行は、どのようになるか…不安と期待がいっぱいです(/ω\*)楽しい興行になるよう、がんばりましょーうo(`^´*)‼️‼️   
大麻お茶を楽しむ会 お問い合わせありがとうございます。6月の日程が決まりましたらお知らせします。 参加費500円お茶、お菓子付き 着物を着たくてご参加されている方、作法まではちょっと、、でもお茶を頂きたい方、折角なのでお作法も習いたい!などいろんな方がいらっしゃいます。着付けはお手伝いします。是非ご参加ください。  
大麻お茶を楽しむ会では流派など関係なくお茶を楽しんでおります。着物が着たい方、抹茶をいただきたい方、お気軽にご参加いただけます。不定期ですが月一回 えぽあホール で行っています。お待ちしています
『立冬のころ』に音楽を提供してくれた、オオタ コタロウ君の心が揺れる舞踏 お見逃しなく! 公演によせて-「雑踏で踊った記録・泣いた赤鬼」/オオタ コタロウ  去っていった、たった一人の友達、青鬼。 彼は居なくなったけれど、青空の中に、吹きくる風の中に、赤鬼は青鬼の姿を見つけるのでした。だから、赤鬼は寂しくありませんでした。赤鬼は青鬼に会いたくて、いつも一人で山の中で遊んでいました。けれど、そうすればそうするほど、赤鬼は街の中に自分の居場所を見つけられなくなっていることに気づきました。赤鬼はその時、初めて寂しいと思いました。  「オレ、人間と友達になりたい!」 そう言って、赤鬼は街へ降りていきました。 雑踏に立って、人の顔を眺めました。どんな人かわからないからわかろうと思いました。道端にゆっくり座ったり転がったりしました。その場所が自分にとって大切な場所になりうるかどうか知りたかったのです。 けれど、そんなことはどうだってよかったのです。上手くは言えないけど「あぁ、みんな生きているな。」と赤鬼は思いました。その時、赤鬼は人の中にも、街の中にも、去っていった青鬼の姿を見つけました。青鬼はやさし...
江別こどもまつり 日時 2024年6月16日(日)10:00~14:30 場所 酪農学園大学ローン(屋外)・体育館 料金 300円(3才~大人) うるうる亭の出し物は エプロンシアター  なぞなぞパン屋さん  斉藤 麻記 語り        ヒラメの話      川守田 阿津子 大型紙芝居     おとうさん・他    遠藤 晶子・福井 かおる・村本 深雪 指導 北本 京子